sim-lock-or-for-what

sim-lock-or-for-what

何のためのSIMロックか

色々考えさせられる。


基本的には、いったん契約した通信キャリアからユーザーを逃がさないためだろう。


数年前まで、携帯端末の代金は通話料に転嫁されていたから、通信キャリアと端末メーカーは一蓮托生だった。


なので端末代金がペイしていないうちにキャリアを乗り換えられては困るので、縛る必要があった。


今ではそういうインセンティブは止めになったので、メーカーからの視点でみれば、同一通信キャリアに縛る必要はなくなったはずではある。


なので、ソニエリにしろシャープにしろサムスンにしろアップルにしろ、端末を買った代金を自分のところに払ってくれればよく、そこにどこの通信キャリアのSIMが刺さっていようと関係ないはず。


実際、タブレット端末に関してはSIMフリーにしているところが多く、どこのSIMでも勝手に使ってくれというスタンスになっている。




SIMロックでキャリア乗り換えを縛らないといけないのは、やはりキャリアの都合だろう。


SIMロックフリーだと、お気に入りの端末に、一番電波が良くて料金がお得なキャリアのSIMをつけて使いますということになるし、使わない時はSIMを抜いておいて、必要な時だけプリペイドのSIMを買ってくるという使い方になってくるだろう。


通話が主たる使用方法ではないタブレット端末だと、電話番号の変更はさしたる問題ではないので、適宜都合の良いSIMに入れ替えて使うことになるだろう。


通話用の小型端末でも、MNPを個人がネットの画面ですぐに出来て、手数料も安かったら、頻繁にSIMを替える使い方になるのではと思える。


そうなった場合は、通信キャリアは果てしないインフラ投資合戦、値引き合戦に引きずり込まれるので、実に嫌な話だろう。


業界No.1のガリバー企業だったらそんなに問題はなくても、2番手、3番手は厳しくなる。
日本で3番手のSBMがSIMロックフリーに強く反対しているのは分る話だ。




しかしSIMロックフリーは世界的な流れだから、そうなるだろう。


今までは、通信キャリアは通話、メール、ネット、快適な端末の環境をまとめてパッケージで提供することがサービスだったが、今後は通信インフラ(SIM)を提供するだけで、それで何をするのかは、売る人が考えてね という形態になるのかも知れない。


ぶっちゃけiPhoneやiPadを買う人は、アップルのスマート端末を買いたいから買うのであり、SBMやauが欲しくて買うわけじゃない。




消費者の選択権を考えるならば、好きな端末に、好みの通信インフラのセットで買う選択肢を与えられるべきだろう。


速くて繋がりが良いけど料金は高いインフラか、安いけど繋がりはイマイチなインフラを選ぶかは、ユーザーの自由であるべきだろう、本来は。


固定の家電だと、そうそう通信キャリアを変更しても意味がないが、モバイル環境で、かつデータ通信量が多いスマート端末だと、通信キャリアの選択の幅は大きく広がる。


2台目以降の端末だったら、音声通話は出来なくても良いから、高速データ通信はやりたい。


逆にデータ通信は要らないから、格安で音声通話したい。


そういった選択の幅は広くあるべきだと思える。