charset

charset=iso-2022-jp

最近、迷惑メールフィルタをすり抜けてくるスパムメールが大分振り分けフォルダに溜まるようになったので、なんか新しいスパム手段が出来たのかなと思って、ちとほじくって見てみた。

最近のスパムは、ドメインがyahooとかdocomoになってて、アドレスだけみるとなかなかスパムだと分らないので、うっかり開いて見てしまいそうだ。

で、ヘッダー情報を見てみると、ドメインはdocomoなのに、IDには違うドメインも挟まっていたりする。

送信元IPを逆引きしてみると、アメリカや韓国のがあったりする。
スパムの送信元は韓国が30%以上で、ついでアメリカだそうだ。

で、charset="iso-2022-jp" なんて情報も挟まっていた。
これは送信元で使っている文字コードを表すもの。
ケータイのメールに文字コード情報なんかあったっけ?

文字コードがISOってのも珍しい。
Windowsなら大体はShift-JIS。UNIXならEUCだ。
ISOってなんのOSが使ってるんだろうと思ったら、MacOSではISOを使うことも割りとあるそうだ。

へぇ、出会い系のスパムはMacOSから送られてくるんだ。なんでMacなんだろ?

とちと悩んだが、ふと思いついた。
デリヘルとか出会い系の画像修正にMacを使ってるんだろう。
ってことは、スパマーはMac使いが多いのかな?

クラッキングツールはUNIXベースのものが多いから、スパムがMacから送られてくるってのはなんとも意外だった。
Macだと、自分でクラック用やスパム用のプログラムを組むのは不便そうだから、おそらくスパマー達は自分でコードを書いているのではなく、出会い系一式セットみたいなのを購入して、画像編集ツールもスパム送信ツールも、そのパッケージの中に一揃い入っているんじゃないだろうか?
そういうパッケージがありそうな雰囲気が感じられるということは、それなりの規模の市場があるということなんだろう。
市場として成立するということは、そりゃアングラではないね。もうほとんど表の商売と言っても良い。

当局は出会い系の取り締まりにはまったく熱心ではない。
なんで熱心でないのか、理由を考えてみたことがあるが、半島利権ってのもあるだろうけど、たぶん出会い系は信販会社的にも税務署的にも大変美味しいから野放しなんだろう。

水商売や風俗は基本的に現金商売だが、出会い系はネット経由なのでクレジット比率がすごく高い。

クレジットカードを使うということは、金の出入りが完全に捕捉されるということなので、原理的には脱税は不可能になるし、信販会社としては利用が増えるので大変喜ばしい。超優良風俗だ。

そんなに美味しい市場ならば、シコシコと企業の会計システムなんか作るのはやめて、出会いセット一式でも作って売った方が儲かりそうだが、買い手はまず間違いなくヤクザだろうから、儲かるとは言っても代償は大きいだろう。